平戸の「農」が、新しい。明るい。

就農の過程と支援制度

就農相談

【相談窓口】

農業技術・農地・資金等農業全般にわたる相談に、平戸市農林課と長崎県新規就農相談センターが応じます。
相談しながら「青年等就農計画」を作成しましょう。

【認定新規就農者】

認定の流れ

認定の流れ
“認定新規就農者”とは?

新たに農業経営を営もうとする青年等であって、自らの農業経営の目標などを記した
「青年等就農計画」の認定を市町村から受けた方のことです。各種支援の申し込みが可能となります。

研修制度〈農業技術習得〉

★技術習得支援研修

農業大学校等において2ヶ月の基礎研修受講後、県内の農業士等先進農家のもとで10ヶ月のマンツーマン研修

★インストラクター技術支援研修

平戸市のインストラクター(優良農家等)のもとでの研修(1年間)

★農業次世代人材投資事業(準備型)

就農前の研修期間(2年以内)の生活安定を支援(150万円/年)

★平戸式もうかる農業実現支援事業就農準備支援給付金事業補助金(1年間)

就農希望者の技術・経営等の実践研修に対する支援(ただし、技術研修該当者を対象)

イメージ1

就農準備 〈農地、資金、機械・設備導入等〉

【農地】

平戸市農業委員会と平戸市農林課が相談に応じます。

【補助事業】

★経営体育成支援事業(国庫補助事業)

経営発展等に取り組む際に必要となる農業用機械・施設の導入等の支援

★長崎県新構造改善加速化支援事業

意欲をもった農業後継者の経営発展に向けた取組や新規就農者の就農に必要な施設等の整備を支援

★平戸式もうかる農業実現支援事業中核的経営開始型支援事業補助金(整備時のみ)

新たな園芸用施設及び肉用牛施設の整備に対する支援

【資金制度】

★青年等就農資金(認定新規就農者対象)

新たに農業経営を開始する方を応援する無利子の資金 ※機械・施設等を対象(農地取得を除く)

就農~経営初期

【経営初期の資金交付制度】

★農業次世代人材投資資金[経営開始型]

就農直後の経営確立を支援する資金を交付(年間最大150万円、最長5年間)

★平戸式もうかる農業実現支援事業経営開始支援給付金事業補助金(最大2年間)

研修を受けた新規就農者の経営開始に対する支援

【農業経営指導や仲間づくりの支援】

JAや長崎県等の関係機関による技術指導支援があります。地域の農業研究会や作物部会等へ 積極的に参加できます。また、「平戸4Hクラブ(農業青年クラブ)」や、農協青年部に 加入すると、交流会・技術交換会などの仲間づくり活動にも参加できます。

経営確立

【認定農業者制度】

あなたの具体的な営農計画(農業経営改善計画)を関係機関の指導を受けて作成します。

【認定農業者】

平戸市長があなたの農業経営改善計画を認定します。
〈市方針:主たる従事者1人当たり 年間労働時間/2,000時間 年間農業所得/320万円〉

【農業経営の状況に応じた支援】

あなたの農業経営の状況や意向に応じて、農業技術や経営改善の指導および補助・融資制度の紹介等を行います。

イメージ2

イチゴ・アスパラ導入シミュレーションはこちら(PDF)

平戸式もうかる農業実現支援事業

★就農準備支援給付金事業補助金★

〈1年間〉
就農希望者の技術・経営等の実践研修に対する支援(ただし、技術研修該当者を対象)
就農準備給付金 年間 120万円
青年就農給付金対象者の場合 年間 240万円
( 国 150万円 ・ 市 90万円

★経営開始支援給付金事業補助金★

〈最大2年間〉
研修を受けた新規就農者の経営開始に対する支援
経営開始給付金 年間 120万円
青年就農給付金対象者の場合 年間 240万円
( 国 150万円 ・ 市 90万円

★中核的経営開始型支援事業補助金★

新たな園芸用施設及び肉用牛施設の整備に対する支援
国県事業に上乗せの場合 補助対象経費の4/5以内の補助
市単独事業の場合 補助対象経費の2/3以内の補助

経営面積の目標

上記の【新規就農・参入支援対策】以外にも、【園芸振興対策】【肉用牛振興対策】に関する補助金もございます。
詳しくは下記までお問い合わせください。

イチゴ・アスパラ導入シミュレーションはこちら(PDF)

その他新規就農者育成サポート

★インストラクター(優良農家等)による技術支援★

高い農業所得が期待される品目である「イチゴ」「アスパラガス」の新規就農予定者に対して、模範的な農業経営を実現している平戸市のインストラクターのもとでの研修(1年間)を行います。尚、研修後も定期的に研修の状況を確認するとともに、研修生ごとに必要な指導を行うことで、農業経営の早期安定化をサポートいたします。

★先進地の事例研修★

類似的な取り組みによって成果を上げている先進地への、事例研修等を実施します。
(生産部会等と合同)

上記は平成30年2月現在の情報であり、随時変更の可能性がございます。
詳しくは下記までお問い合わせください。

イチゴ・アスパラ導入シミュレーションはこちら(PDF)

お問合せ先

平戸市農林水産部農林課農務畜産班
TEL 0950-22-4111
E MAIL chikusan@city.hirado.lg.jp